育毛剤使用方法

育毛剤の正しい使用方法

効果の出やすい育毛剤の正しい使い方を解説していきますが、その内容と商品に記載している使用方法とが異なる場合があると思います。その場合は、商品に記載してある使用方法に従うようにしてください。

育毛剤の開発会社は、臨床実験等を行い最も効果的かつリスクの低い使用方法を商品に記載しています。基本的には商品記載の使用方法に従うことが、最も効果的な使い方になります。

1.夜、ゆっく~り湯船につかり入浴
湯船にゆっくりつかり体を温める事で、血流がよくなり、育毛剤の成分を吸収しやすくなります。また、毛穴も開いてくるため洗髪時に汚れやフケが落ちやすくなります。朝より夜がいいのは、副交感神経が活発に働く夜に育毛剤を使用した方が、効果が高まるためです。

2.正しいシャンプーの仕方で毛穴の汚れを落とす。
頭皮や毛穴が汚れていると、育毛剤が十分に浸透することができません。正しいシャンプーの仕方でしっかり汚れとフケを落としましょう。爪をたてずに指の腹で洗うように!シャンプー前の予洗いも効果的です。すすぎもしっかりおこなってください!

3.キューティクルを傷つけないように髪を乾かす。
タオルドライでもドライヤーを使ってもどちらでも構いません。大切なのはキューティクルを傷つけないこと。タオルドライであれば髪の毛をこすらないでポンポンと叩くように。ドライヤーの場合は8割程度まで乾かしてあとは自然乾燥にしましょう。

4.適量の育毛剤を直接、頭皮に塗布する。
薄毛が気になる部分を育毛剤を塗布します。髪の毛を掻き分けて、直接頭皮に育毛剤がつくようにしてください。

5.指の腹で育毛剤を塗り込むように頭皮マッサージ
爪を立てないように気をつけて、指の腹で頭皮を揉みほぐすように行ってください。育毛剤を頭皮に浸透させ、血行促進のためのマッサージをすることで育毛効果が期待できます。

基本的には使用する育毛剤に記載の使用回数にしたがいますが、特に記載のない、あるいは1日1回場合は、まずは1日1回、夜の入浴後がベストでしょう。朝より夜がよいのは、成長ホルモンの分泌を司る副交感神経が夜に働きやすいためです。

また、入浴後の夜のほうが頭皮が清潔な状態であるため、育毛剤が浸透しやすいからです。朝にシャンプーをする方もいるとは思いますが、夜の方が比較的余裕をもって十分な洗髪ができます。

育毛剤の効果

育毛シャンプーと使ったあとで育毛剤を使用することで髪の毛の成長を促すことが可能です。育毛シャンプーを使い毛穴の汚れを洗浄したあとに毛乳頭へ栄養を注ぐ育毛剤を毛穴、頭皮に塗布します。

すると健康な状態の頭皮、毛穴下にある毛乳頭へ髪の毛の成長に必要な栄養が行き渡り活発な活動を促してくれます。育毛剤は健康な頭皮、毛穴に対して効果がありますが不健康な頭皮状態では効果はきたい出来ませんので育毛剤を使用するときには必ず育毛シャンプーと併用して使うことをすすめます。

育毛剤を使用する前に知っておきたいのは、その種類と効果の違いです。自分の薄毛、抜け毛の原因がわからない状態で解決に適していない育毛剤を使用すると逆効果になりかねませんので事前に育毛剤の種類についての知識が必要です。

育毛剤には下記の効果が期待されます。

抜け毛、薄毛を防ぎ、発毛を促進する

抜け毛や薄毛に効果が認められているのは「フィナステリド」、「ミノキシジル」、「塩化カルプロニウム」となり、これらは病院でも処方してもらうことが可能となっています。育毛剤はこれらを含んでいるもの、さらに追加して天然素材を生かした成分を使ったものとあります。

各育毛剤メーカーから発売されている製品の大半は天然素材を生かした独自の成分を追加し育毛環境を整えるものがほとんどです。

育毛剤も男性用と女性用で違いがあるのですが、男性用の育毛剤は男性ホルモンの働きを抑制すること狙った成分が使われているものが多いようです。また男性用育毛剤の特徴としては頭皮の血行をよくする成分がおおく含まれているという点です。

実際に育毛シャンプーをした後に育毛剤を塗布すると頭皮の血行がよくなり頭がポカポカと温かく感じます。ただし、刺激のつよい成分を使用している製品もありますから各メーカーで出している成分表を確認しておくと良いでしょう。特に特許申請している成分については効果ありと判断されているので育毛剤選びの際に注意してみましょう。

育毛剤といえば、チャップアップはダントツ人気のようでよく広告でも見かけますよね。
こちらに製品の口コミや実際に使った患者さんの写真なども掲載されています!チャップアップの効果・副作用・口コミ徹底を徹底的に解説してみた

      2016/09/10

 - 育毛種類