育毛剤の種類

育毛剤種類の選び方

市販されている育毛剤は作用する効果によって大きく下記の5つに分類できます。
多くの育毛剤が複数、あるいは全て効果を併せ持っていますが、特に重点をおいている作用というものがあります。

○ 男性型脱毛症(AGA)に!「男性ホルモン抑制タイプ」
○ 肩こり・首こり、冷え性に方に!「血行促進タイプ」
○ 食生活が乱れがちに方に!「毛母細胞活性(栄養補給)タイプ」
○ 脂性の方に!「皮脂分泌抑制タイプ」
○ 乾燥肌、頭皮の弱っている方に!「頭皮保湿タイプ」

薄毛を引き起こしている原因は様々ですので、自分の今の症状にあった育毛剤を選ぶことで育毛剤の効果は格段にあがります。
ここでは作用別に5つの育毛剤の種類とその効果をご紹介しますので自分の薄毛の原因を特定した上で、その症状にあったタイプの育毛剤を選び方をしましょう。

□ 男性ホルモン抑制タイプ

薄毛の95%を占めると言われる男性型脱毛症(AGA)は男性ホルモンの影響と考えられています。男性ホルモンに含まれるテストステロンが5αリダクターゼという酵素と結合してジヒドロテストステロン(DHT)という発毛抑制物質を生成します。男性ホルモン抑制タイプの育毛剤は5αリダクターゼの働きを抑制することでジヒドロテストステロン(DHT)を生成を抑制するというものです。

□ 血行促進タイプ

頭皮を柔らかくし、毛細血管の拡張作用によって血行を良くし、発毛を促すタイプの育毛剤です。毛細血管が広がると毛乳頭が十分に酸素・養分を吸収できるため、髪の毛を作り出す毛母細胞の働きも活発になります。市販の育毛剤はほぼこのタイプの作用を少なからずもっています。

□ 毛母細胞活性(栄養補給)タイプ

髪の毛は毛母細胞の分裂によって生成されますが、この分裂を活発に行うためには、ビタミン、亜鉛、システインなどの養分が不可欠です。毛母細胞活性(栄養補給)タイプの育毛剤はこれらの栄養を直接頭皮に補給することで毛母細胞の分裂を活性化させ、強く健康は髪の毛を作るものです。

□ 皮脂分泌抑制タイプ

頭皮から過剰に皮脂が分泌されるとフケとなって毛穴を塞ぎ毛髪の成長を阻害します。またそのまま放置すれば炎症を引き起こし、脂漏性脱毛症の原因にもなります。皮脂分泌抑制タイプの育毛剤は、余分な皮脂の分泌を抑制し、頭皮環境を清潔に保つことで育毛を促すタイプの育毛剤です

□ 頭皮保湿タイプ

頭皮が乾燥するとフケが出やすくなり、毛穴をふさいで毛髪の成長を阻害します。細菌繁殖によって毛根が炎症すると粃糠性(ひこう性)脱毛症を起すことになります。頭皮保湿タイプは、イチョウ葉エキス・海藻エキスを配合することで頭皮の乾燥を防ぎ、正常な育毛を促すタイプの育毛剤です。

育毛剤による副作用の注意点

育毛剤を使用することで起こりえる副作用について医薬品としての育毛剤、医薬部外品としての育毛剤、そのどちらにも副作用があります。

医薬品の育毛剤はフィナステリドとミノキシジルがありますが、このふたつには副作用があり、具体的には胃の不快感や性欲減退、ミノキジシルは頭皮の血行をよくするのですが一方で血行がよくなることで頭皮がかゆくなるという報告があり、個人差もありますが服用後にめまい、頭痛に悩まされるなどのケースもあるようです。

さらにミノキジシルは高血圧用の人に処方されていた薬なので低血圧の人が服用することも問題になるかもしれません。
医薬品の使用については担当医とよく相談することで事前におこりえるトラブルを回避することができます。

また仮に服用後にトラブルがあっても医師に相談することで処方を変えるなど対策を練ることが出来ます。

医薬部外品の副作用は医薬品と同じ症状がおおく報告されていますが、副作用の度合いは医薬部外品のほうが少ないようです。理由として医薬品よりも薄い成分を使用している、多くの成分を使用しているので医薬品よりもキツイ処方になっていないなどが上げられます。

特に医薬部外品は天然素材を利用した成分を扱っているので体への影響も優しいようです。ただし、個人差がありますので人によっては服用することで体調を崩したりする場合もあります。その場合は使用を控えて体調が改善されなければ医療機関で診察することをすすめます。

   

 - 育毛種類