HOME

髪の毛が薄くなる原因を知ろう

薄毛と言われる頭髪が薄くなる症状は男女とわず増加しているそうです。薄毛になる原因はまだ特定できておらず医学的な面で説明可能な原因もあれば精神面で説明可能な面もある複雑な症状であります。

薄毛の特徴として頭頂部から円を描くように髪の毛が薄くなる、頭頂部を中心につむじが広がって頭皮が見える、神気全体のボリュームが少なくなり分け目がハッキリしてくる。お風呂あがりや水を頭部から被ると髪の毛の先に頭部が透けて見えるなどが特徴ですが、このまま進行するとやがてハゲに変化するか現状維持のまま年齢を重ねるのか?あるいは回復して黒々となるのか?

実は薄毛の初期段階から治療を開始すればかなりの確立で薄くなってきた髪の毛が復活するそうです(個人差は当然ありますが)プロペシアに代表される育毛、発毛治療薬の効果が高く専門家の元で適切な処置を続けていけば喪失した髪の毛の何割かは復活するデータが実証されました。

ネックになるのは保険適用外ということで診察、治療費、処方箋が高いということ。プロペシアなどの処方をやめると髪の毛の状態が以前に戻ってしまうという噂はまことしやか言われてること、治療費も1ヶ月に数万単位で必要となるケースがおおく髪の毛をとるかお金をとるかで悩む人も数多くいることでしょう。

髪の毛が復活してからもプロペシアやその他の薬を服用し続ける必要があるので正直なところお金がドンドン飛んでいきます。もっとも若い年齢の方が髪の毛の成長に情熱を燃やすのも理解できます。

当サイトは薄毛の原因や食生活からの見直し、治療にかかる費用、個人輸入のリスクなど説明しているサイトです。薄毛に悩む人のお役に少しでも立てば嬉しいです。

髪の毛が薄くなる原因は何なのか?薄毛になる原因には個人差があり千差万別ですが遺伝的な原因ではない後天性原因(本人の生活習慣の乱れ)の場合は決まったパターンがあり、それを解決することで薄毛、若ハゲを治療することが可能となります。

・不規則な睡眠時間と起床時間

・喫煙者で偏った食事を好む

と言った偏ったバランス生活の人は薄毛予備軍になる可能性が高く糖尿病に代表される生活習慣病に冒されるリスクも秘めています。また男性は中年期に突入すると皮脂が多く分泌されるようになり頭皮の皮脂も多くなります。この皮脂を放置していると皮脂性頭皮と呼ばれる脂ぎった状態になり髪の毛の成長を抑えてしまう原因になります。

皮脂性頭皮を取り除くには薄毛専用のノンシリコンシャンプーを使用すると効果が高く、休止状態にある毛根を刺激するには即効性育毛剤を使用するなどシャンプーと育毛剤を組み合わせることで薄毛からの回復を図ることが可能となります。

髪の毛と毛根の仕組みについて

毛根部は頭皮の内側にある髪の毛の部分をいいます。普通は抜け毛を見る時しか、毛根部をみることがありません。健康な髪の毛の毛根部は、先端がまるく膨らんでいます。この部分を「毛球」といいます、髪の毛はこの毛球の中で作られています。髪の毛を作る上で非常に重要な部分なので、「毛包」という組織に包まれ守られています。

そして、毛球の中には「毛母細胞」が沢山つまっています。髪の毛はこの毛母細胞が細胞分裂を繰り返すことによって
どんどんと毛髪細胞が作られていきます。毛母細胞の細胞分裂は、「毛乳頭」がコントロールしています。毛乳頭はまず、頭皮周辺の毛細血管から髪を作るために必要な栄養・酸素を受け取ります。

これを毛母細胞に受渡し、毛母細胞分裂をスタートするように指示するのです。毛母細胞の分裂が次々に行われると、それによって生成された毛髪細胞が徐々に押し出されて、毛穴から髪の毛として生えてくるのです。毛根部は髪の毛が作られる場所なので、ハゲ予防や発毛促進をする上でその仕組みは是非とも理解しておきたいところです。特に「毛母細胞」「毛乳頭」は育毛対策のなかで必ず出てきます。このような構造のなかで髪の毛は作られるのですが、毛根ではいつも毛母細胞分裂が起きているわけではありません髪の毛にも成長サイクルがあって、それにそった育毛対策を行うと、髪の毛をより効率的に生やすことができます。

薄毛、発毛にかかる費用

薄毛の治療を専門家の元で行いたい場合、費用はどのくらい掛かるのか?実はAGAの治療を専門的に行っている病院では健康保険が適用されません。すべてが自己負担ということになり治療にかかる費用は高額になってしまいます。

治療費についてもほぼ「言い値」の世界で薬代や診察費用も、各病院の設定のままなので幾らかかるのか皆目検討がつきませんが、有名なプロペシアを服用した場合で1万円前後、安ければ7千円から8千円ほどで収まりますが治療のたびに補充するので1ヶ月で数万円単位の出費は覚悟したほうが良さそうですね。

専門の病院で処方される薬は名前させわかっていれば海外から個人輸入で仕入れることもできます、ただし粗悪品も数多くあり見分けることが出来ない場合、服用して悪化という最悪なパターンになる可能性もあります。

それにしてもAGAの治療にはお金がかかります、AGA専門での治療の場合には契約を交わし契約料を支払う形と処方箋のみでプロペシアを出してくれる病院に分かれますがどちらも一長一短ではあります。

そもそもプロペシアだけの処方で済むわけではなくそれ以外にもミノキシジルタブレットやサプリメントも処方されることになります。概算で月4万円前後は治療費に消えることになります。

これはあくまで処方と診察だけの金額であり、これに治療を施すと更に治療費は上がることになります。またプロペシアを服用することで成長し始めた髪はプロペシアをやめると産毛の状態で抜けやすくなると言われています。この点についても不正確な噂でちゃんとしたデータが揃うのを待つしかありません。

薄毛の人向け、ヘアスタイルについて

薄毛の人は髪の毛のセットに悩まされることがおおいですね。髪の毛のボリュームが少ないので髪の毛が伸びると全体的にペシャッと潰れてしまい薄毛が強調されてしまいます。

薄毛で髪が細く、張りやコシがなくなってしまうと、髪が倒れて分け目が目立ち、地肌が強調されて、薄毛が目立ってしまいます。薄毛の人が似合わない髪型を避けると、選択肢は短めの髪型しか残らなくなります。

薄毛にあった髪型として一般的に「縦長ライン」に見せるカットがよいと言われます。具体的にはサイド部分を短く(借り上げに近いくらい)トップも気持ち短いくらいでセットすると面長なラインの完成です。

次に失敗談として「坊主頭」にするこれはハッキリ言うと失敗です。実は坊主にすると、頭の汗がかなり垂れきます。私も坊主にしたことがあるのですが、その時に感じたことは多少髪の毛があったほうが汗は垂れず、さらにシャンプーの香りなどで、汗や頭皮の脂の臭いが抑えられていることでした。

ハッキリ言ってしまえば「清潔感のある髪型」が最も万人に受け入れられる髪型です。奇をてらうことなく印象のよい髪型で薄毛でも堂々としているほうが清潔感もあり印象もよくなります。下手に一部の髪の毛を伸ばして薄い所に伸ばしても、それは「バーコードヘアー」でネタにされてしまうこと請け合いです。

自宅で恥ずかしくなく、少しでも対策をはじめたい人には育毛剤ランキングから自分にあった育毛剤を探すことをオススメします。

公開日:
最終更新日:2016/09/10